不登校が始まると、不安から無理に登校させようとしてしまったり、そのことによりお子さん本人も理解されない苦しさを抱えて、ますます親に相談できなくなってしまうことがあります。

不登校になったらこの先どうなるのか不安なのは、お子さんも保護者の方も同じはずであり、お子さんも助けを必要としているし、親も助けたいと思っているはずです。

そのお互いの気持ちがすれ違ってしまうことが、不登校の解決の難しいところです。

しかし、先のことがわからない不安も、新しい視点や知識を得ることで、今までと違ったものに見えてきます。

このページでは、不登校についての基本的な考え方をご紹介しています。

お子さんとご家族が新しい一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。