ご利用者の声1 中学2年生男子(当時)

◆行った支援内容

  • 訪問支援 週1回120分
  • 外出同行(月1回程度)

◆ご相談時の状況

中1のGW後から兆候があり、夏休み明けから学校に行けなくなりました。
きっかけはいじめかもしれませんが、中学生活に馴染めなかったことが主だと思われます。ストレス性の咳が半年以上治らず、「好きなことをして過ごす」ことが一番の方法と病院で言われてゲームばかりの生活になり、勉強に対して全く意欲がなくなってしまいました。
自己肯定感が低く、ひどく落ち込んで鬱的になることもあったり、心配する親に対して「放っておいてほしい」という気持ちが強く、不安定な状態が半年以上続きました。

◆現在の状況

咳が治まり、体調が安定してきたところで依頼をしました。
一時期、アソシエイトさんが来ても部屋からしばらく出られなかったり、元気がない時期があったものの、明るく無理のない声がけを根気よくしていただいて、時にはコンサートなど外出にもご同行いただき、だいぶ本人も気持ちがほぐれてきて、少しずつ勉強も再開することができています。

◆保護者の声

いつもお世話になり、感謝しています。
人との交流や体験が極端に減ってしまっているので、学習や外出などにより自信を取り戻しつつ、広い世界に目を向けていって欲しいです。そして興味を持てる何かを見つけ、外界に踏み出していく手助けを引き続きしていっていただけますようお願いいたします。

◆生徒の声

献身的に接してもらっています。

ご利用者の声2 高校2年生女子(当時)

◆行った支援内容

  • 訪問支援 週2回90分
  • 外出同行(月1〜2回程度)

◆お問合せ時の状況・その時の親の気持ち等

  • 中学校に入学後、クラスに馴染めずGW明けから欠席が増え、イライラしたり、精神的に不安定な日々が続き、中学校卒業まで登校することができませんでした。
  • その後は通信制高校に進学し、生活の様子は落ち着いてきましたが、高2までスクーリングには行けず、人目を気にして再び自宅にひきこもる日々が続きました。
  • 親としては子どもの将来が心配で、これからの事を子どもと相談したかったが、中学校の不登校のような不安定な状態に戻ってしまうことを恐れ、核心に触れるかかわりができなくなっていました。

◆現在の状況

  • 訪問支援を受け始め、アソシエイトとの交流を通して少しずつ学校の話ができるようになり、訪問時に学習に取り組めるようになりました。また、アソシエイトさんが高校のスクーリングに同行することで、学校への抵抗感が薄まっていき、一人でも登校ができるようになりました。

◆保護者の声

娘が中1で不登校になった時には、将来への不安から、とにかく早く登校させなければと躍起になって関わっていました。しかし、娘の為にと思う自分の行動とは裏腹に、前進できない状況に苦しんでいました。高校にも行けなくなった時、Allightの教育コンサルタントにお会いし、日々の状況をご相談する中で、私自身が娘の気持ちを理解できていないことに気づきました。それからは、親としてもカウンセリングを受け、娘の気持ちや状態を紐解いていただく事で、私自身の気持ちも落ち着けるということを繰り返し、その中で娘も前進できるようになっていきました。親の安定が子どもに強く影響することを実感し、親子ともに深く深く感謝しています。

◆生徒の声

私は学校に馴染むことができず、中学3年間学校に通うことができませんでした。その後、通信制高校に進学したものの自宅に引きこもる日々が続きました。そんな私を心配して両親がAllightにご相談させていただいたのをきっかけに、サポートを受け始めました。コンサルタントさんが始めて自宅にいらした時は、緊張や不安があり直接お会いできませんでした。しかし、あたたかいお手紙を残して下さったことで、次の訪問日には会ってお話をすることができました。そこから、私の性格や勉強の進み具合等を考慮して、相性の良いアソシエイトさんを紹介していただき、訪問支援を受け始めました。
アソシエイトさんは中学校の学習内容から丁寧に教えてくださり、勉強を強制することなく、私のペースを尊重してくれました。また、勉強が苦手な私に毎回手作りの小テストを作ってくれるなど、心を込めて関わってくれました。次第に私も、アソシエイトさんに褒めてもらいたい、喜んでもらいたいと思うようになり、勉強への抵抗感が薄くなっていきました。
アソシエイトさんとの信頼関係が深まるにつれ、高校や大学の話も徐々にするようになりました。さらに高校まで一緒に登校してもらうことで学校にも通えるようになりました。自分のペースを保ちながら、アソシエイトさんと二人三脚で勉強に励んだ結果、学校に表彰されるほど、学力が身につきました。この時もアソシエイトさんは自分のことのように喜んでくれたので、その後の勉強にも力が入りました。何より自分もやればできるのだという自信がつきました。

ご利用者の声3 小学5年生女子(当時)

◆行った支援内容

  • 訪問支援 週2回90分
  • 外出同行(月1回程度)
  • 教育コンサルティング(学校連携)

◆お問合せ時の状況・その時の親の気持ち等

  • 小3から小5にかけて、学校でいじめにあっていました。小5の3学期の終わりから学校を休むようになり、不登校が始まりました。
  • 休み始めた当初はずっと家で寝込んでしまい、お風呂にも入らず、自力で食事もしようとしないなど、普段の生活が送れなくなっていました。少し良くなったかと思えば、今度はゲームをやり続けるようになり、昼夜逆転の生活が続きました。
  • 学校に相談すると、医療機関への受診を強く勧められましたが、親としては傷ついている子どもを医者に連れて行くということに抵抗があり、何か別の方法はないかと調べていた。すると、子どもにとって身近な存在が訪問してくれる支援があることをしり、相談してみたいと思いました。

◆現在の状況

  • はじめは、アソシエイトさんが訪問来てくれても、寝ていたり、会いたくないと言うことが多くありました。しかし、絵を描くことが好きな子どもの為に「絵を描こうよ!」と提案してくれたことをきっかけに、次第に打ち解けていき、一緒に映画を観に行くなど外出ができるようになりました。
  • アソシエイトとの交流中心の取り組みから、小6の夏頃から学校の夏休みの宿題などの学習ができるようになり、小6の3学期から週1〜2回教室への登校を始めることができるようになりました。
  • 現在は、アソシエイトさんの訪問支援は一度卒業し、中学校生活に向き合い、進路や生活習慣を考える目的で、教育コンサルタントによる月1回の訪問カウンセリングを受けています。

◆保護者の声

私はとにかく、娘の心の健康を取り戻したいと思いました。アソシエイトとの楽しい交流の中で、娘の傷ついた心はだいぶ癒えたと感じています。また、小学校から医療機関への受診を熱心に勧められ、親としても苦しくなってしまったとき、担当の教育コンサルタントの方に学校へ連絡をとってもらい、娘の状態について説明してもらえたことで、学校の先生方も理解してくれました。親として、とてもありがたかったです。
登校できるようになってからも、「学校に行くのが怖い」と再び登校を拒むことがありましたが、その時には「宿題をやっていないことで、怒られるんじゃないか」という気持ちがあったとことを教育コンサルタントに話したそうです。その時、親には言いにくいことを話せる存在の必要性を改めて感じました。
今後ともよろしくお願いいたします。

◆生徒の声

始めは不安でしたが、アソシエイトさんは優しく、一緒に好きなアニメの絵を描いたり映画に行ったりして、楽しかったです。