私たちは、子どもたちに「自分の可能性を信じること」を教えたいと思っています。
不登校は誰にでも起こりうることですが、未来は必ず変えられると私たちは信じています。

すべてのご家庭に1人の教育コンサルタントがつき、学習や進路、心の悩みや学校とのかかわりについてあらゆる面からお子さんと保護者の方をサポートします。

家に居ながらはじめられる「訪問支援」、受験勉強や同世代との交流ができる「通学支援」など、1対1や少人数のかかわりの中で学力や人間関係力を身につけていくための学びの場が私たちAllight Educational Consultingです。

支援のプロセス

お子さんが不登校になった時に、何をしたら良いのだろうという不安や、一体いつまで続くのだろうという焦りを感じることは無理のないことです。しかし、ひとつずつ対応していけば、着実に前進していきます。ここでは支援の基本的なプロセスとご利用者の方の声をご紹介します。

保護者の方との面談

教育コンサルタントが無料電話相談/無料面談にて保護者の方から不登校が始まった経緯や現在のお子さんの状態について心理面、学習面、生活面からじっくりとお話を伺い、解決に向けての今からできること、やった方が良いことをご提案させていただきます。

*お子さんにとって一番良い方法をお伝えしたいと考えておりますので、必ずしもサービスを利用しなければならないわけではありません。無料面談だけのご相談も可能ですし、その後保護者の方だけご相談を重ねていく場合もあります。

お子さんとの面談・アソシエイトとの
体験授業

教育コンサルタントがご訪問し、保護者の方とお子さんとお話しさせていただきます。お子さんに私たちがどんな人なのか、信頼できそうかまずは人柄を知っていただきます。私たちもお子さんに実際に会って無理がないか確かめた上で、訪問支援や通学支援の体験授業をご提案します。

お子さんとの相性やこれからの目標にふさわしいアソシエイトをご紹介し、体験授業を受けて満足いただけたら正式なご契約に進みます。

信頼関係づくりのコミュニケーションと
学習

アソシエイトはお子さんとの共通の話題を通してコミュニケーションを重ね信頼関係を築いていきます。学校や学習に関することを拒否・拒絶していることも多く、お子さんにとってアソシエイトが味方になってくれる存在だということをきちんとわかってもらうためにもコミュニケーションの時間はとても大切です。

アソシエイトと一緒に頑張っていきたいという気持ちが出てくると授業の内容もより吸収できるようになり、学習効率が上がってきます。

新しいチャレンジを加える

信頼関係も深くなり、アソシエイトの前でも自由に振る舞うことができるようになってきたら、授業の回数を増やしてみたり、訪問から通学へ学習スタイルを変えてみたり、新たなチャレンジをしていきます。

できることが一つずつ増えていく、行動範囲が広がっていくということを実感できるようにサポートしていきます。

同世代とのかかわりの中で学ぶ

個別の授業で自信がついてきたら、同世代の子たちが一緒に学ぶグループ授業やスクールイベント等の課外授業に参加を目指していきます。学校復帰や新しい環境で登校を続けていくためには学力と同じくらい人間関係力が必要になります。

家から直接学校を目指すより、同世代が集まる場所をあらかじめ経験しておくと、はるかに学校生活へ対応しやすくなります。

ご利用者の声

これまでにご支援させていただいた保護者の方、生徒の声をご紹介します。

保護者の声(中学2年生・男子)

いつもお世話になり、感謝しています。人との交流や体験が極端に減ってしまっているので、学習や外出などにより自信を取り戻しつつ、広い世界に目を向けていって欲しいです。
そして興味を持てる何かを見つけ、外界に踏み出していく手助けを引き続きしていっていただけますようお願いいたします。

生徒の声(中学2年生・男子)

献身的に接してもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはご利用者の方の声1に続く

保護者の声(高校2年生・女子)

中学で不登校になり、高校にも行けなくなったとき、Allightの教育コンサルタントにお会いし、日々の状況をご相談する中で、私自身が娘の気持ちを理解できていないことに気づきました。それからは、親としてもカウンセリングを受け、娘の気持ちや状態を紐解いていただく事で、私自身の気持ちも落ち着けるということを繰り返し、その中で娘も前進できるようになっていきました。親の安定が子どもに強く影響することを実感し、親子ともに深く深く感謝しています。

 

 

 

 

 

 

生徒の声(高校2年生・女子)

勉強が苦手な私に毎回手作りの小テストを作ってくれるなど、心を込めてかかわってくれました。次第に私も、アソシエイトさんに褒めてもらいたい、喜んでもらいたいと思うようになり、勉強への抵抗感が薄くなっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはご利用者の方の声2に続く

保護者の声(小学5年生・女子)

私はとにかく、娘の心の健康を取り戻したいと思いました。アソシエイトとの楽しい交流の中で、娘の傷ついた心はだいぶ癒えたと感じています。また、小学校から医療機関への受診を熱心に勧められ、親としても苦しくなってしまったとき、担当の教育コンサルタントの方に学校へ連絡をとってもらい、娘の状態について説明してもらえたことで、学校の先生方も理解してくれました。親として、とてもありがたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

生徒の声(小学5年生・女子)

始めは不安でしたが、アソシエイトさんは優しく、一緒に好きなアニメの絵を描いたり映画に行ったりして、楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはご利用者の方の声3に続く